投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


バイクツーリング2日目

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月23日(金)12時36分20秒
返信・引用 編集済
  この日はrama渓谷のホテルから 当初rama湖へ向かう計画でしたが
片道4Kmで道が悪く みんなの疲労の具合からも見送ることになって
いました。
そこから見えるナンガパルパット(パキスタン第2位の山)も期待
できましたが断念です。

昨日来たアストール渓谷に戻りデオサイ高原を目指します。



ご覧ください 天気にも恵まれ 最高の滑り出しです。
ホテルから降りる道がこんなに美しかったとは昨日は思えませんでした。



もう少し下がったところ 実際には凄く高低差があり見晴らしがよいのですが
4K動画でどれくらい再現できるか? 見るモニターの画質 大きさで異なりそうです。



昨日通ったアストールの町 明るいのでイメージが違いますが
路面は同じ(>_<) オフロードバイクで走りたい路面です。



さあ アストールから来た道とは違うルートでデオサイ高原へ向かいます。
左下に見えるのは今まで通った道とその川



川の水が澄んでいます。天気も良く最高の気分



途中キレイなので橋に降りてみました



デオサイ国立公園の手前です 高原で



デオサイ国立公園の入り口 1280ルピーかかります





デオサイ国立公園内の様子





ショーサル湖



キャンプ場を目指す広大な空間



キャンプ場の様子
風が強いので 虫が全く居ませんでしたが 前のグループでは沢山いた
そうです。

高度4100m みんな手先の指が紫っぽくなり 軽い高山病になっています。



私も軽い高山病になっていました。
寝たり横になっていると呼吸が浅くなり 血中の酸素濃度は70台まで下がっていて
深呼吸を10回思いっきりして何とか90台に戻ります。
ランニングやその他体を鍛えて対応できるようにしたいところです。


 

2チームの違い

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月23日(金)10時09分21秒
返信・引用
  KAWASAKIさん

コメントをありがとうございます。

同じツアーですが かなりの違いがあったようですね。

まずその前に 情報をくださりとても助かりました。
暑い とのこと 私は真夏用のフルメッシュのジャケットでしたが
それで随分と助かりました。それでも暑く 初日は日陰で41度ありました。
熱風の中を走る これも貴重な経験でした。

チームの人達はとても良い方ばかりでチームワークも良かったと思います。
通訳の方はバイクに20年ぶりに乗ったそうですので 代役として走ることに
なり大変さもありました。
大学を出て歴史を学んだ方で 色々な情報をもらうことができ
それはそれでよい勉強になりました。
イスラム教徒であり 私たちが遠慮無く問いかけることにも
柔軟な姿勢で答えていました。

デオサイ高原ではみんながそれぞれ吐いたり下痢をしたりしてしまい
きっとKAWASAKIさんのチームとは違う状態だったと思います。
私とN氏はお腹の調子が今ひとつで私はまだ直っていません。

KAWASAKIさんのチームのトラブルとはどんなことでしたでしょうか?
女性3名とはかしましかったことでしょうね(^o^)

ところで3日目 インダス川沿いの走りはされなかったのでしょうか?
あれは中々凄いところで天候に恵まれ美しい景色でした。
よろしければ動画で見てやってください。

また感想を語りあいたいですね!
 

バイクツーリング1日目

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月23日(金)09時02分36秒
返信・引用 編集済
  さて念願のバイクツーリングです。車に乗せられて揺すられるのはどうにも苦手。
自分で走る方が何倍も楽しいしラクです。

バイクは私の提案で毎日 違うバイクに乗り換えるようにしました。



いよいよホテルからスタート
いつでも最初出発する時はワクワクします。
GS150はギアがロータリー式で前に踏み込んでいくタイプで 走り出したら
それが分からずオタオタしました。



朝は涼しく心地よく 直ぐに美しい景色に囲まれます。

最初は私がリードライダーをさせてもらいました。
どうしてもアクセルをあけ飛ばしたくなってしまいいけません。
こんな川があったり







だんだん登っていきます。
バイクの力はありませんので アクセルを開けすぎず失火しないように
走らせるのがコツ。



そして湖に到着しました。



湖で休憩




バルサル峠へ向かって登っていきます。




この辺になると30Km/hが出し難くなります。



動画の最後に バルサル峠に到着
完全夏用にウエアでしたので少々寒いくらい。
澄んだ空気が心地よい




バルサル峠から周りを見たところ
美しさに息をのみます。



同じ旅行会社の別グループとであう。
イタリア人でとても陽気だしナイスガイ
ヨーロッパ中をツーリングしているそうです。




バルサル峠くだり
朝早く空いていますが 借りは大変な賑わい
この登りをN氏と時速30km以下のバトルしたのですが動画を取り忘れて
しまいました。それくらい熱くなっていた(^^;)



峠を下りて休憩 日差しが強い
子ども達は少し控えめで可愛い。



降りてくると景色が違う
色 草木の量 建物 そして山々 と変化が大きいところがこのツアーの魅力



川幅が大きくなってきます。



思わず停めて景色を見てカメラで撮影
停まりたいところはN氏も一緒でした。



美しい景色 天候に恵まれて動画もキレイ



カラコルムハイウエイに戻る



アストール渓谷 今回のツアーの見所とでも申しましょうか
ここからが恐ろしく深い渓谷になります。
こんなダイナミックな景色はラダックでは得がたく
パキスタンに訪れる価値がある景色です。





アストールの町からramaの町へ登る道
これが今回一番ハードな一般道でした。
ジープに乗る人も大変

ここは田舎だからか女性や子どもが多く出ていて 手を振ってくれる
女性もいました。それを撮影したかったのですが・・

この日は240kmあまりの走行
大変走り甲斐がありました(^^;)


 

パキスタンツアー 車移動日

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月23日(金)08時40分31秒
返信・引用 編集済
  Goさん

南アルプスの美しい写真と報告を楽しみにしています。
こちらは 動画を200あまりやっとアップして題名を入れたので動画で
ツアーを再現したいと思います。

*イスラマバードからnaranまでの移動*



イスラマバードをでてご覧のとおり 高速道路 M1を走ります。
この時僅か200kmなのにどうして7時間以上かかるか?分かりませんでした。
こんな良い道を130kmほど走りました。



MI→E35と高速を走り 料金所で降りるところです。
簡単なパイプイスに座っているところが雰囲気あります。
その後はN35 これからが一般道です。



N35 一般道の様子 路面が悪くなり遅い車が増え急に速度が出なくなります。



アボットバード(英国人の名前)の町
ここでビンラディンが潜伏していたそうです。
最後におります。



ここで降りて とても美味しい と先発隊の方に言われていた
マンゴーを買います。1kg300ルピー もの凄く甘く濃厚で美味しかった!



山に入ります。
驚くほど山岳地帯にも係わらず 家が多数あって どうやって行くのか?
と思うと秘境に住んでいる人達の生活がどうか?考えてしまいます。
人口の多さがこの動画から分かります。



翌日は祭り 羊をみんなに振る舞うそうです。
それで売りに出ていて活気があります。



川の流れの上で休憩
涼しくて心地よい
来ているのは上品な方が多い



本日の目的地 naran 結局グーグルマップどおり8時間以上かけて到着しました。
PDCTモーテルナランは 高級リゾート地にある一般の方は泊まりにくい宿だそうです。
1泊5000ルピーくらいすることもあるという。

お湯は出ず水でシャワーを浴びました。





 

パキツーお疲れ様でした

 投稿者:KAWASAKI  投稿日:2019年 8月23日(金)07時38分22秒
返信・引用 編集済
  第2陣のグループにも色々ドラマがあったんですね。

私達第1陣のグループは 女性3 : 男性1
全く逆の構成でした。とにかく私達、四六時中にぎやか…女三人寄れば…ってやつです(^-^)

日程が違うと天気も違う、メンバーも、スタッフも違う。感じた事は同じツアーでも随分違いますね。

私達はきっとスタッフに恵まれたようです。

それと引き換えに色んなハプニングがあって、毎日時間押せ押せでした。
ダートのナイトランは辛かったけど、明るければきっと楽だっただろうと思います。
先が見渡せないって怖いなぁ~しみじみ。

お腹の具合は大丈夫ですか?
もうすっかり元気でしょうか。

機会があればパキツーの話を生で聞きたいところです。

動画、少し拝見しました。
素晴らしいです(^-^)

 

アルプスの夏

 投稿者:Go  投稿日:2019年 8月22日(木)23時43分38秒
返信・引用
   ナイフ一本もってサバイバル、いいですねぇ。
 ほんとにそんなことなったら、きっととても
大変なことなんですが。

 今シーズンは関係者がパキスタンに押し寄せて
感動のひと夏を過ごしたようですが、こっちは
アルプスを巡る夏でした。 頭に南という字が
着く、もちろん日本のアルプス。

 まぁ、珍しい空が撮れました。

 通行止めの林道が多くて、ヒマラヤに比べたら
全然まったくいい状態だろうに、とか感慨に
ふけります。
 

動画も大変

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月21日(水)14時21分18秒
返信・引用 編集済
  ひらのさん

お腹を守る方法の伝授をありがとうございます。
ひらのさんも 相当 色々な経験をされているのですね。
今回ほど持って行った薬が足りなく感じたことはありませんでした。
整腸剤 エナジー飲料 皮膚疾患用クリーム・・・

今も下痢が治らず困っていますのでそろそろお医者さんに診てもらおうと
思います。



ところで今回のツーアーで一番大切な動画の記録を如何に上手く残せ
後から見られるようにするか?が肝心でした。

事前に1回近所の林道で調べましたが その時はファイルの読み込みすら
不安がありました。
今回 4K60pで全て撮影し そのままダイレクトにYouTubeにアップの
予定でした。

私はCTAVのアップロードの遅さ(10M/secを割る)からNUROにしたので
アップロードの速さは100倍になりました。
それで ガンガン行ける と思ったのですが・・・
途中で
「アップロードを中断しています。しばらくたってからお試しください」
こんなメッセージが出てアップロードができなくなりました。

ネットで調べると 1,2日待ってトライするか 諦めて別の媒体にすることも考える
と書いてあり 青くなりました(>_<)

と申しますのもYouTubeは無料なのもあり あちらに全ての権限があるみたいです。
モンゴルで羊の解体をアップした方は それ以来一切のアカウントが停止してしまった
そうです。
もし私のアカウント 1000以上の動画が全て見られなくなったら・・・
一応 フィードバックをすることができますので、
貴重な動画であることを付して説明をしたのと
1日のアップロードのガイドラインを質問しました。

その間、アップロードした分だけ題名を付け 説明を入れました。
つまり入れ過ぎを控え 着実に画像をアップすることを実行したのです。
そして1日経って 普通にアップロードできました。
それからは一度にNUROのパワーで入れないで 10個入れては題名を書いたり
ユックリやることにしました。

そして現在 録画した動画の3/4 160あまり動画をアップし 簡単に題名を
つけました。これだけでも結構集中力が求められます。
残りはじっくり行いたいと思います。


選りすぐって厳選した動画をアップすべきですが 私にとってはHDDの代わり
ですのでYouTubeに甘えたいと思っています。

そうそう YouTubeの進歩は驚くべき速さです。
前回の林道のは アップして最初はHD以下の画質でしたが時間が経って
4K60pになりました。
今回なアップしたその時から4k60pになっているのです!

驚くべき処理速度のアップ
この企業努力には頭が下がります。





これはデオサイ国立公園のキャンプ場に近づいたところです。
少しカメラが上向きになってしまいました。





スカルドゥ からギルギットを目指して走り出したところです。
1分30秒過ぎからの雄大さをご覧ください。
朝日を受けて気持ちいい。

雄大さが伝わればいいのですが。

 

追加

 投稿者:ひらの  投稿日:2019年 8月20日(火)23時26分32秒
返信・引用
  またまたPPの話で大変恐縮なのですが、秘境には付き物なので。

コーラを勧めるのは良く分かりませんですが。

おっとその前に、下の1行目の注釈の続きです。

脱水症状になって来ます、酷いと。
スポーツドリンクを手に入れるのは難しい、何を飲むか。
かなりな場所の売店でも「スプライト」を見る事は有ります。
成分を見ると、塩が入っています。
炭酸水は吸収が早い、脱水で失った塩が入っている。
手にとって見るのも良いかも。

専門家に聞くと、「バカ、関係ねーよ」と一蹴されるかも知れませんが。

荷物の隙間に、粉末スポーツドリンクが吉。

ユックリ少ずつ飲みましょう、揺れる車や横になっている時に慌てると咳き込みます。
そのショックで惨劇が起きてしまうかもです。
 

選択肢

 投稿者:ひらの  投稿日:2019年 8月20日(火)19時37分20秒
返信・引用
  あくまでも個人的な意見です。

カットでは無いフルーツを選択、皮は清潔なマイナイフで剥く。
(秘境にナイフは絶対条件です、ねっ、Goさん!)
バッチイ手で剥いたり、そのままかぶりついてはなりません。
消毒アルコール増し増しのウエットテッシュが吉。
諸々無い時は、バナナ一直線。
でも、美味しいのに当たる確立は低い。

正しい選択をしても、PP地獄の時は有ります。
あまりビビリ過ぎると、食の楽しみが半減ですが・・・。

クソジジイになって来ると、お腹もジジイになって来ます。
整腸薬で事前に整えて置き、旅行中も続ける。
出るものを抑える薬は、時と場合らしい。

奈落の底まで落ちた場合は、女性用の各種シートで乗り切りましょう。

何はともあれ、思い出深い旅には間違い無い様ですね~!。
 

4K60pの威力 奥行き

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月20日(火)11時32分30秒
返信・引用 編集済
  NOGさん

お腹の調子はイマイチですが元気に仕事復帰しています。

例の迷惑ドライバーは女性が若くとても可愛いかったので
より盛り上がってしまったのでしょう。
善意もあるのですが悪意が伝わってくるのが許し難い。
恐らく地元でもそれなりの評価な筈です。

NOGさんもバリ島で同様の経験をされたそうで 別の島に渡るくらいでしたか!
旅の気分は同行する人によって大きく違いますよね。
インドのガイドはバックマージンを得られるショップを紹介することが多かったですが
今回はスーパーマーケットとお土産でマージンを取ろうとかなく
真面目なガイドさんでした。

最初のヒマラヤのソネムと言うガイドは暖かくて良かったなぁ です。
私がヒマラヤの山に家族の思い出の品を埋めたい と言ったら 一緒に登って
精神的にも付き合ってくれました。
そんなふれ合いに価値を感じます。


ところで動画です。

NOGさんの低スペック?の画面でも良さが伝わったみたいで嬉しいです。
1440pでは見られませんでしょうか?

奥行き 臨場感 これが動画はまだまだ音のレベルに達していない
と言うのが私の持論です。
オーディオマニアは映像の質の低さに無頓着過ぎる。






2:00からの羊の群れがリアル


これをパソコンの画面で見ると まあキレイですが広大さが足りません。

我が家は有機EL55型を ヤフオクで20万円弱で65型の中古に買い換えました。
これだと近づいて見ていると 殆ど走っている空間に近いのを味わえます。
是非テレビを買い換える時は 有機ELにトライしてみてください。
大きな差があります。

>わんこ家で高級酒飲みながら説明付きで大画面鑑賞もいいですねぇ。
>目いっぱい接待されてあげますよ。

いいですねぇ 日頃 バイクの整備その他お世話になっていますので
高級なお酒を用意して待っています。
 

ご無事で

 投稿者:NOG  投稿日:2019年 8月20日(火)09時18分58秒
返信・引用 編集済
  わんこさん、お帰りなさい。ご無事でなによりです。チッ!!

その小太り50代ドライバーはよくいる迷惑男ですね。接待しているつもりでしょうが
ことごとく迷惑行為になっているというヤツですね。

かなり昔、バリ島に行ったときそういうヤツいました。
他にも少しでも金を取ろうというヤツばかりで、嫌になって隣の島に逃げ出したことがあります。

動画は1080p60で見ると奥行も出てすごいですねぇ。以前よりぐっと臨場感が出ています。
YouTubeにアップできなかったら、メモリースティックにコピーをお願いします。

それか・・・わんこ家で高級酒飲みながら説明付きで大画面鑑賞もいいですねぇ。
目いっぱい接待されてあげますよ。

PS)毎日カレーで酒なしは・・・・私は行けないかも。
 

知らないよりは

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月20日(火)09時04分56秒
返信・引用 編集済
  ひらのさん

おはようございます。
熱くなってしまったところを軽く柔らかく抑えてくれて助かります。

クルーズの旅を含めて各国を回ってきたひらのさんの言葉は含蓄があります。
企画者の立場を考えればより難しい面が生じると思います。

旅は面白いです。
当初自分で疑問に思っていたことが後からになって分かる。
それが日本人の場合 場の空気を読んでスムースな進行に役立つのですが
時にそれが問題を深刻化させることもある。

>落とし所のストライクゾーンが広い日本人で良かった。
>様な悪かった様な今日この頃です。

おっしゃるとおりだと思います。
ここで何処を求めるか?がその人の個性であり グループとなると
そのせめぎ合いもあり難しくなります。
ただこれはイヤだ、おかしい と思ったことは主張した方が
よいと分かりました。

出来合いの快適志向の旅では考える必要性すら起きないですし
人のバックグラウンドから見える社会や文化を感じることが 旅の
醍醐味だと思っています。
私だって 美しい景色を見て動画が撮れればそれでいいのか?
それだけなら旅の広がりは得られません。

今日も新聞でモディ首相の出身団体であるヒンズー教至上主義のことが
出てました。カシミール地方はイスラム教が多く他の地域でもイスラム教の
人が迫害や暴力を受けている記事と共に。



Pakistan tours Abbottabad N35 road 4K60p



アボットバードでのんきに マンゴーを買って喜んでいますが
奥さんに 潜伏先だったの知っている? と後から言われてハッとしました。

https://www.huffingtonpost.jp/2015/05/13/bin-laden-raid_n_7273426.html
ビンラディンの潜伏先をCIAに密告したのは、パキスタン(暴露)

タリバンがどう成立したのか支援を受けたのか?
も考えて行くのとでは これまた違うと思います。

何でも知って考えて行動するべき と思っていますので 今回の旅は
とても得るものが多かったです。
 

異文化と妥協点

 投稿者:ひらの  投稿日:2019年 8月19日(月)21時51分24秒
返信・引用
  わんこさん、お帰りなさい。
五体満足でのご帰還、何よりで御座います。

タイトルの、「女好き~」をみて、一瞬我事かと驚きました。

NOGさんが寂しくて、毎晩泣いていたかどうかは定かではありませんが、
PPでの苦しみの書き込みで、ニヤニヤしているのは確定?。

PPの洗礼を受けたようですね、体のダルさが続いたら診てもらってくださいね。
インド同行者の女性は、日本では極稀なお土産をレバーに頂いていました。

なまらもんげージャングルの横断旅、ガイドは狼に育てられた少年、
言葉は通じない、頭を触ったら牙を剥いて威嚇してくる、
食事は野鼠らしき小動物、寝床は木の上。
さてさて、このガイドの点数は如何に?。

おっと、究極過ぎましたね~。

戦争、携帯電話、インターネット、コピー、ファックス。
それぞれの前と後、ずいぶん考え方が違うと思います。

自動小銃を突きつけられても至近距離なら、一瞬で相手の頚椎に
ダメージを与えられるスキルが有る。この人の景色はどの様に見えるのか?。

またまた極端で御座いました。


スタッフのスキルはとても重要な項目だと思います。
友として、スタッフとして、ビジネスマンとして、どれを優先するか。
企画者の立場としては、とても難しいと聞いています。

テレビなどで秘境の裏話を聞くと、女性の場合は特に妥協点が問題らしく、
バッサリ切ると行程に支障が出るし、緩いと身の危険を感じる。

面と向かって「ノーーーー!」とかやってる外人さんを見ると、
落とし所のストライクゾーンが広い日本人で良かった。
様な悪かった様な今日この頃です。

日向ぼっこしているおじさんと、お茶すすりながら長話すると、
以外に意気投合して、別れ際に号泣してハグしてたりして?。

異文化や、ああ異文化や、異文化や。
何じゃそれ???。

やはり動画の破壊力はすごいですね、私のPCでは720pHD
までしか表示されませんが、それでも伝わってきます。
 

超女好きで出すぎのドライバー

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月19日(月)13時32分29秒
返信・引用 編集済
  休み明けでとても忙しく現実に引き戻されました。
何と 腰痛と肩こりが出てきたので仕事が原因だと分かりました。

さて 今回のツアーで最も私に対して悪影響があった人のことを
吐露させていただきます。

ドライバーは町中の人と 悪路のジープを運転する人と2人います。
そのジープの運転手が最悪

一見愛想がよくフレンドリーな態度 50才代の小太りの人ですが
私は直ぐに「ああ こいつはやばいな」と思いました。
何故なら

私に一番最初に接触してきたのが スマホを見ろ です。
先発隊の女性二人のアイコン Facebookかインスタか分かりませんでしたが
そのどちらがどの女性なのか 繋がっている写真から執拗に聞いてきます。
これがドライバーのすることか?

新婚夫婦 特に奥さんに親しくしているのが明らかで
彼女も愛そうが良いタイプなのもあり相応に対応してました。
旦那さんも一緒だけど興味があるのは彼女だけ
そう思っても言えるはずありません。


食あたりの症状がでて 本来、日本であれば点滴をうって1日は安静に
しているのが当たり前の状態でした。バイクを降りました。
ジープで最悪の路面を極度に上下動と衝撃を受けて乗ることの苦痛
想像を超えています。
そんな辛い状態にも係わらず 爆音のズンドコ音楽をかけ続けている
神経を疑いました。奥さんに
「音を小さくしてもらうように言ったら?」
とアドバイスをしたら
「もう何だか分からないくらい調子が悪いのでそのままにしている。
 コーラーを飲んだら と勧めてくれるけど・・」
「えっ コーラー?・・・」

ドライバーは写真を撮ったり動画を撮影したりまるで参加者みたい。
そしてランチが一緒の時は私にも動画を見せてくれますが
正直そんなことをしてもらいたくないのです。
黒子になってその場の雰囲気を楽しませて欲しい。

ところが美しい景色の撮影場所に行って いいところだなぁ と停まると
ズンドコ音楽。まるで爆音派がやっている音量で音楽をかけ続ける。
静粛を味わいたいのに気分は台無し。
そして何と目立つところに立って撮影をさせたり まるで自分が主役が如く
存在している。
みんなもその場の雰囲気を悪くしないように愛想良く合わせてました。
それが彼を増長させて良くなかった、と後から気づきました。

本来はガイド兼通訳が注意すべきでしたが 仕事前に連絡がつかないで
困っているとこぼしていたので扱いに難儀しているのでしょう。


吐いている彼女が起き上がるときを写真撮影したり、私だったら
絶対に許さないけど、結局女の人にしか興味が向いていない
そして自分のSNSでのネタの方が大切なのは明白でした。
私が下痢をしているので バックを車に運ぶように頼んだら その後
私だけペットボトルの水をくれませんでした。

同行のN氏も「俺は最初から相手にされていないから」と扱いを実感されて
いました。

Facebookでの繋がりをやっていましたが 私には彼の気持ちが分かるだけに
心配というか気分がよくありませんでした。

ラダックでも他でも メカニックやドライバーはスタッフとして役割を果たして
くれることに徹していましたが、今回は違いました。
絶景の場所でズンドコ音楽に合わせて彼が踊るのに合わせたりしましたが
彼の強引さに全員が振り舞わされていた のは間違いないと思います。

それを止められなかった自分が情けなく思います。

そうそう あいつは別れの時ハグしてきて 言ったのが
「I love Pakistan」
だと 本当に舐めきっています。
 

パキスタンについて

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月19日(月)12時36分25秒
返信・引用 編集済
  初めてパキスタンに行きましたが 色々な印象 イメージが残りました。

まずイスラム教の国でお酒は× 女性は顔以外露出をしないように 外にあまり出ないように
しているのか 殆ど外で見ません。
人口が極めて多く 凄い田舎でも家が山中に建っていて その男性が道ばたに座り込んで
ヒマそうにしています。それが超田舎でも多数いますので シンプルに気分が
ダウンしてきます。「この人達はどうやって収入を得ているのだろう・・」
「なんで働かないのだろう」「私はあんな人生イヤだ」
ラダックは人口が少なく 如何にも田舎に来た 人里離れたところに来た と言う
気分になり落ち着きましたが その逆です。

若い日本の女性が来ると 店中 町中の男性の目が集中します。
恐らく腕を出しているだけで凄い露出なのでしょう。東京のオフィス街で超ビキニの
女性が歩くくらい目立つ感じでしょうか。ジローっと見て目をそらそうともしません。
おじさんである私も見られます。
飢えた男達の群れの中にいる感じで どうやってチームの若い女性を守ろうか?と
考え落ち着きませんでした。

夜 疲れて帰ってきて早く寝たいのですが 夜中まで騒いでいたり デオサイ高原では
ガンガン音楽をかけるグループがいて12時まで続き眠れませんでした。
ホテルでは何故だか10時過ぎからタブラを外で叩く音がして眠れなかったり。
日頃の抑圧がどこかに必ず出てしまうのに違いありません。
そして朝は4時から ウオーンと町内放送でお祈りが始まり起こしてくれます。

高原を走っていて停まっていると バイクや車が停まり声をかけてきます。
写真を2枚だけ撮らせて と来たので 快諾すると ワラワラと人が集まってきて
代わる代わる私を中心に20数枚とり続けました。話と違うじゃない!
そう自分の欲求のためにな何でもする そんな気質です。
最初は愛想をふるいましたが 途中から嫌悪感が先立ち逃げるようになりました。

 スマホ

これが社会を変えているようです。
自分の自己顕示欲のために とにかく珍しい外人と撮影したい。
市内観光 それもモスクの観光をしているのに集まってきて写真を依頼されたのには
ガイドの人が大きな声で怒って注意しました。
信仰心の強い彼には 遊び感覚の観光客 そして1人のパキスタン人として
恥ずかしい気持ちもあったと思います。
そう 法律で外人との写真は禁止されているそうで そうしなければならないほど
問題になっているのでしょう。
モラルや常識が無い人が使うとどうなるのか?
その上でSNSで繋がることに対して気持ち悪さを感じざるを得ませんでした。

道路を走れば 凄いことになります。
インドのデリーでも4車線に8台がせめぎ合って競い合い クラクションの嵐でしたが
それと同じです。細い山道なのにINからそしてOUTからと3列になる。当然
対向車が走りにくいのですが あちらも2列になって突っ込んでくる。

譲り合いの気持ちゼロ 相手を思う気持ちほぼ無し 自分のためにだけ行動する
よって社会や国のためにどうしたらよいか?など そんな思考回路は数千年無いと
と思われます。
その割には 国旗を掲げたり自国へ愛国心はあることをアピールしている。

スーパーのレジの若者が商品を扱う態度は最悪
私が道ばたのお店でジュースを買って飲んで 陳列棚の上においたら
7,8才の男の子が 空き缶を手で払い下に落としました。
ムカッ!と来て何か言おうとしましたが、ガイドの方が直ぐに拾って
ゴミ箱に入れたのを見て抑えました。

大した仕事もしないくせに 妙なプライドだけが高い
その様に映ります。

そうそうヘルメットをかぶっているのは基本的に外国人であり それも
Gopro等のカメラをマウントしていると 大変目立ちます。
同行の奥さまは ヘルメットの下にスカーフを巻いて顔が分からないように
しているのに女性と分かるのか 注目度は異常に高い。

走っている車が追い抜いて彼女の前に割り込んできます。
それを追い抜くとまた寄ってきて 私や彼女の前に入ってくる。
彼女を守らなければ とある程度 防御するポジションで走っていると
一台の黒いカローラが執拗に私の後ろで距離を狭めてきて
これは身の危険を感じました。

こんなですから 最初は和やかだったチームもだんだん警戒心と不快感を
持って走らずを得られなくなりました。

10数カ国を旅しているN氏も 「こんな国は他になかった パキスタンに駐在する
ことになったら会社を辞める」と言っていました。

幹線道路では検問所が多く 外国人だけはそこでパスポートの提示を
求められます。まるで観光に来るな と言わんばかりの扱いです。

道路の新設等 インフラで中国の出資を受け巨大プロジェクトを進めている
ので中国人はいるのか、私たちをチャイニーズと思って声をかけてきました。
中国の戦略 必要性は分かるものの その下に中国人を馬鹿にした言葉態度
が伝わってきて そう思われる我々もいい気分はしませんでした。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44724440T10C19A5FF8000/
↑ 通訳さんから IMFの管理を受けていると聞きましたが
あのインフラ投資のために赤字になり60億ドルの融資を受けている
との記事。
緊縮財政で益々地方のインフラの整備 その他が滞るのが予想されます。


食事も気をつけたのですが どうもスパイスが合わないのか? 食あたりをした
奥さんは本当に辛そうでしたし 汚れたグラスはティッシュで拭いてから使うように
なりました。
マトンやチキンで美味しい味付けの料理も多いのですが どうも食べている途中から
お腹がグルグルしてきます。
基本的にカレー味で みんな「帰ったらとんかつ食いたい」「日本に帰ったら・・」
と私も日本がこれほど恋しくなったことはなかったです。

まあ何処の国へ行っても日本とは違いストレスがあるのは間違いないのでしょうけど
パキスタンは私の経験の中では一番それが強かったです。
一つは宗教の支配力 そして最も大きい人種的な特徴 地域での争いは
深刻なのでしょうけど あれだけ子だくさんで働くところがなく 抑圧された市民が
いれば 好ましからざる勢力に利用されることは容易に考えられます。
また田舎では15,6才で親が決める相手と結婚し、5,6人の子どもをもうけ
日の当たる場所に出ることが少ない女性については 貴重な労働力の損失であり
何よりも不憫に思われました。

個人的には良い人もいるのですが 社会で触れる姿には 大変ネガティブな
印象を受けました。
 

行って良かった!

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月19日(月)09時04分26秒
返信・引用 編集済
  掲示板をご覧の皆さま
夏休みをバイクツアーで満喫してきました。

今回のツアーは前にも増して盛りだくさんでどこから報告しようか?
考えてしまいます。

まず同行者の方ですが とても恵まれました。
Nさんは クルーズインターナショナルの専属カメラマン?と言われるくらい
ツアーに参加され それも半分は1人での参加と冒険家 サバイバル 開拓者で
あります。どんな苦難でも乗り越える力量があってとても頼りになりました。
また他の国の事情や旅の経験を聞かせてもらうだけで楽しさが倍増します。

もう2人はお若い新婚さんでその場を明るくしてくれる明朗さで
何よりも2人ともエンデューロレースに参加している現役なので
オフロードの走りは簡単にこなしていました。

今回のツアーについて Nさんとお話して次のように判断しました。
5段階評価で

 絶景 秘境感 走りの面白さ   5
 料理              2
 パキスタンのイメージ      1

こんなところです。

私が一番期待した 絶景を見たい 秘境に行きたい!は
完全に満たされた と言うか期待以上でした。
死ぬ前に行って良かった!

YouTubeでアップし始めたところ NURO(100Mのデーターでも1秒でアップロードされる)
で大量のアップロードをしたためか
ある時点から拒否されてしまっています。
まだ139Gぐらいアップしたい動画があるのに果たして復活できるのか?心配です

一度は行ってみたい、k2の近くまで行きたい と思った スカルドゥの町は
グーグルアースで秘境だと思っていましたが とんでもない大きな都市で
独立記念日に盛り上がっていました。その賑やかさを
その動画を見てもらいたいのですが 果たしてどうなることか??





今回初めて導入したGopro7は 4K60pで撮影しました。
我が家の大画面で高画質のテレビで見ると まるでその場を走っている
ような臨場感があります。
是非 見てやってください。


尚 昨年は腰痛と目のトラブルで断念し 今年も腰痛 膝痛でバイクに乗るのも
苦痛でしたが 直前にはほぼ症状がなくなり 現地では全く痛みがなく
最後にぶっ飛ばすことができ 心身共にスッキリしました。

あと何年行けるか?分かりませんが 体調を整え
できるだけ行きたいと思います。

NOGさん 天気は半日小雨が降りましたが 他はほぼ良い天気で
望外に楽しめました。
日頃の行いが良いからでしょうか?
NOGさんが盆休み 家庭内サービスに明け暮れている間
私は異次元空間を楽しんできました。
今度 一緒に行きましょう。
あっ 今回の道はNOGさんには無理だけど(^^;)

なお 現在も下痢は続いていて 水が合わない ってあるのを
感じます。

さぁ 今日から仕事 ヒマラヤ カラコルムの絶景をココロに秘め
頑張るぞぉ~  でもお腹が・・



 

無事に帰ってきました

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月19日(月)07時35分2秒
返信・引用
  昨日の夜に無事に帰ってきています。ご心配をおかけして済みません。
動画のアップロードをトライしている間に疲れて爆睡してしまいました。

かなりハードな走向でしたが 参加者が下痢や食あたりに悩みながらも
素晴らしい世界を堪能できました。

後ほどレポートをさせていただきます。
 

通信手段が

 投稿者:ひらの  投稿日:2019年 8月19日(月)01時24分47秒
返信・引用
  発達した現在は、気になってしまいますね。
最終的には強運に恵まれているわんこさんですから大丈夫!。

楽しい報告会の宴を期待しております。
 

帰って

 投稿者:NOG  投稿日:2019年 8月18日(日)22時06分56秒
返信・引用
  わんこさんは帰ってこられたのでしょうか?
TVニュースでもパキスタン・インドの自治区の情勢悪化が放送されています。
一応、心配しています。
 

出発

 投稿者:わんこ  投稿日:2019年 8月12日(月)09時18分6秒
返信・引用
  思ったより涼しい、

https://youtu.be/CRWniKPC3aw

これからwi-fiが通じなくなります。
 

/406