投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


スタート時刻

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月27日(土)18時38分52秒
返信・引用 編集済
  S1191さん

私が勝手にお誘いさせていただきましたが 正式に参加表明を
ありがとうございます。

W123の300Dに ご自身で排気ガス浄化装置を搭載し 車検を取得された
方ですから みなさんとお話が合うと思います。
明日は作業より 雰囲気を感じて遊んでください。


NOGさん

TZRでこられるそうで 新あきる野ベースよりもっと山道を走りたくなると
思います。

㎡さんにお聞きしていませんが 10時には作業スタートでよいかと思います。
少し早めについても入ってウダウダしていればいいのでは。

私も10時前には付くように出発します。

 

明日

 投稿者:NOG  投稿日:2017年 5月27日(土)13時24分21秒
返信・引用
  わんこさん、㎡さん、明日はよろしく。

何時に伺えばいいですか?
恐らくTZR250で行くと思います。

私もハンドグラインダーと延長コードを持っていきます。
 

見学

 投稿者:S1191  投稿日:2017年 5月27日(土)13時21分33秒
返信・引用
  車の掲示板の方で、ROMから飛び出してしまいました。よろしくお願いします。

こちらの掲示板も、もちろんROMしておりますので、瀬音の湯に行った折に
㎡さんの基地が近いことは、把握済みです。

お手伝い(邪魔?)出来るかは疑問ですが、見学に伺うつもりです。
(エスティマで行くつもりです。)
 

持ち物

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月27日(土)08時42分39秒
返信・引用
  手すりの作業だそうですが 一応 グラインダーとサンダーを持って行こうと
思います。あとゴーグルと。

暑くなるみたいで熱中症対策が必要ですね。
おじさんは日焼け止めと。

NOGさん飲めるように電車で来ますか?
私は鳥ビュートかロードスターで行こうと思っています。
 

突発 錆取りオフ

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月27日(土)00時47分49秒
返信・引用
  28日 日曜日 明日のことですが NOGさんが錆取りを行うとのことで
私もお手伝いをしたいと思います。

㎡さんの許可はありませんが みなさんで集まって 錆取りしたいと
思います。
ROMの方の突発参加も 歓迎します。

その後 コンビニのお弁当でノーアルコール宴会でもしましょう!
 

石垣島の道

 投稿者:Go  投稿日:2017年 5月26日(金)00時50分24秒
返信・引用
   時期がずれて SSTRのゴール 2日後に小松空港に降りました。
 離陸直後に夕焼け空で、小松に降りる時は少し明るい感じの
空だったので、日が同じなら機内から何台か見つけられたかも
知れません( 1枚目)。

 石垣島の様子ですが、人口 48,000人の島に年間 120万人の
観光客といえば、どんな雑踏かと思ってしまうんですが、
人の気配は全く感じませんでした。
 リゾートホテルの中でのんびりするのが似合う土地のせいか、
出入りしやすい各所の砂浜も人の数は両手で足りる程度。
 走りまわるレンタカーは割と見かけるし、自分が乗ってるのと
1番違いのとすれ違ったりもしたり、狭いのか広いのかなんとも
言い難い島でした。




 
 

名古屋の朝飯

 投稿者:Go  投稿日:2017年 5月26日(金)00時13分27秒
返信・引用
   珍しく名古屋のホテルに泊まりました。
 新横浜からだと新幹線で 90分くらいの距離だから、
ここで泊まるというのは移動の途中でもなければ、
まずない話なんですね。
 で、泊まったのは割と高級だろうなってホテル
なんですが、さすがですね、豪華な朝食には名古屋の
名物がこの通り。
 とくに、ひつまぶしが美味で、これ出汁かけて
何杯でも食べたかったですよ。
 写ってないけど、手羽先もありました。

 メンバー価格 2,000円は高くないなぁ( ^^)。
 

ゴールの瞬間

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月25日(木)07時23分7秒
返信・引用 編集済
  Kawasakiさん

まさか人が溢れていたゴールでお会いできるとは思いませんでした。
この写真は正に800km走ってきて 初めてお会いした瞬間ですよね。
女性二人がいらっしゃって直ぐに分かり「Kawasakiさん!」って
声を発して通り過ぎました。

能登半島 西側と東側?では 全然景色が違うのです。西側は
海岸沿いを走れて長時間広大な海が広がり日の光が海面に反射して
雄大で美しかったです。
東側はフィヨルドを想像させるような深い切れ込みがあったり 松島の
ような小さな島が点在したり 湾を感じさせる景色でした。
40年ぶりに能登半島を訪れ、外側を一周できて本当に良かったです。

画像を頂戴したので少し加工して載せてもらいます。
顔の大きさがKawasakiさんの2倍あるのが恥ずかしい(^_^;)
 

2017 SSTR

 投稿者:kawasaki  投稿日:2017年 5月24日(水)21時41分26秒
返信・引用
  わんこさん、ATARUさん、お疲れ様でした(^.^)

お二方にお会い出来て嬉しかったです。

今年はお天気最高で狼煙経由はかなり正解でしたね?

夕陽とゴール?を目指すオートバイ達は素敵でした(^.^)

またお会いしましょうヽ(^○^)ノ
 

走行記録証

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月24日(水)13時07分39秒
返信・引用
  HPからダウンロードできました。

日本地図上からすると僅かですが 1日の走行としてはよく走ったと
思います。
ネットを使ってのシステムで記録もサーバーに残っている。
時代を感じます。
 

ドローンはすごい!

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月24日(水)08時40分24秒
返信・引用 編集済
 

この雄大な空間と美しい表現が手に入るとは。

自分のライディングを追って自動撮影とかしてもらったら最高でしょうね。
モンゴルやサハリンでの爆走を撮ってもらったら走れなくなった時でも
満たされそうです。
 

3日経つと

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月24日(水)00時52分59秒
返信・引用 編集済
  またバイクに乗りたくなってくるから不思議です。


Goさん

石垣島の報告をありがとうございます。
お料理は全般的に美味しいそうで 美しい海と共に行ってみたいです。
沖縄のあの居酒屋のお料理の美味さは忘れ難い。
そろそろ夏のツーリングの中身を検討したいですね。
今度こそ最高レベルに美味しい海の幸を食べてみたい!


朝日さん

シェルパのスクリーンは効果的だそうであるといいですよね。
スクリーンは ビラーゴ1100 GT1000 BT1000 DR-Zと後付けしてみましたので
その効果には興味がありました。汎用品で上手く働いたのはBT1100につけたので
高速道路でも楽ちんでよかったです。
MT-07 MRAスクリーン 私の経験からは他のに比べ効果が少なく感じました。
と言うか風の当たる場所に力が集中する感じ。
ある程度高さが必要なのでしょう。
そもそも高速を飛ばさなければ良いのですが、
快適でないと早く終えたくなってしまい悪循環です。

それにしても一般道を一日で500kmとは走られますね!


㎡さん

乙津の作業をご苦労様です。
大木を切るのは助力が必要みたいで 広いだけに大変さが伝わってきます。
2000坪の別荘は 草刈りを考えただけで気持ちが重くなりませんでしょうか。

暑い日の吊り橋の作業は 鉄板焼きになってしまうそうでキケンですね。
いずれ 錆取り&BBQ合わせ技のイベントをしましょう~


ひらのさん

ロイヤルエンフィールドのシートのリペアを行われたのでしょうか。
シートは微妙な形態 素材の質感 クッション性で座り心地が変わって
大変だと思います。
何でも自分で対応する姿勢に頭が下がります。

スクリーンをご自身で造られ効果抜群のができたそうですね。
ただハンドルにマウントするのはハンドリングへの影響は無視できないのは同感です。
GT1000にヤフオクで売っている大きめの汎用品を装着しましたが、150を越えると
コーナーで横風を受けると大変恐ろしい事が起こりそうで怖かったです。


Ataru.さん

SSTRでは大変お世話になりました。一生忘れない貴重な経験になりました。
Ataru.さんは 2日目3日目も豊富なツーリング内容でエネルギッシュさに
頭が下がります。

あれだけ快適なペースで目的を完遂でき能登半島の先端までいけて、
心地よい疲労感と達成感を味わえ満足しています。
特に美しい能登半島の道を北海道みたいに走れ快感でした。
ただ坐骨神経痛と頸椎ヘルニア?による指のしびれが出て、それが目立つ
高速道路の走行にはまいりました。老化もありますが バイクにも多少
原因があるようです。

今まであまり気にしなかった足の長さですが MT-07は短いですね。
残り3リッターになると燃料警告灯が点滅するそうで あれが点滅すると
そこからの走行距離が 0.1kmずつ増える表示に代わりドキドキしました。
結局カラになるまでで300kmくらいしか走れないのは 今回みたいなツーリング
では足りないですね。
車両重量 189kg 軽さを表示するためにタンク容量が少ない?
Ataru.さんの指摘が的外れではないように思います。

07トレーサーが発売されたら買い換えを考えてみます。



それにしても 国道471号線の美しい景色と走りの気持ちよさが
今も甦ってきます。 あの気持ちよさは4輪のドライブではそう簡単に
得られません。高速道路の移動がなければいいのに!
 

SSTR完走お疲れ様でした。

 投稿者:Ataru.  投稿日:2017年 5月23日(火)20時17分19秒
返信・引用 編集済
  自分は、2日目は合掌造集落の五箇荘/白川郷、御母衣ダムの荘川櫻、
高山から上高地方面へ抜けて黒部ダムをめぐり、3日目は堤高日本2位の
高瀬ダム、天竜川源流の諏訪湖釜口水門等を訪ねて、22日の17時頃帰着
しました。
初日800km、2日目400km、3日目300km で、合計 約1,500kmの行程でした。

■コース設定とペース配分について

  根本的に自分勝手な性格なので、周囲の人たちの状況に配慮しながら
  物事を臨機応変に進めていくのが苦手なのでしょう。

  今回、道の狼煙に行って日の入り前に完走したいという目標があって、
  自分のペースだけ考えて計画を立てていてので、わんこさんには無理を
  させてしまい申し訳ありませんでした。

  狼煙チャレンジは1回やれば十分だと思うので、次回以降はもっと道中を
  楽しむ走り方を考えたいです。その点で、Kawasakiさんはバイク旅の
  達人だと思います。

■長距離ツーリング向きの車種について

  正直、250kmいかないうちに給油のことを考えなければならない MT-07は、
  高速道路での長距離ツーリングには向いてないな、と思いました。
  13Lというタンク容量が、どう考えても小さすぎます。

    http://mtc.greeco-channel.com/ranking/mileage_wmtc/

  このページ等を見ると、ヤマハはスペック表上の装備重量を軽く
  見せるために、タンク容量を小さく設定しているのでは?と思えて
  きます。

  ZR-7Sは60km/h定地で35.0km/lのスペックですが、実際にはツーリング
  走行で 24~25km/lです。リザーブまでが 17Lですので、だいたい 400~
  420kmでリザーブに入り、そこから約100km走れる計算です。
  燃料のことを気にせずにある程度まとまった距離が走れるので、
  田舎でガソリンスタンドが少ないところでも安心してツーリングを
  楽しむことができるのが嬉しいです。
 

3Dとの戦い

 投稿者:ひらの  投稿日:2017年 5月23日(火)02時10分16秒
返信・引用
  わんこさん、完走おめでとうございます。
NOGさんが臼歯ギリギリさせているのが目に浮かびます。

Ataru.さん、緻密なスケジュール!。
プロジェクトには絶対必要な人材だと感動しました。

㎡さん、自然との闘い!、過酷ですね。
蚊のシーズンも近づいてさらに憂鬱。

Goさん、シーズンオフの平日は、観光地でも閑古鳥何でしょうか?。

アブラムシは元気です・・・。別の種類の散布を試します。

3D=サドルシート。
初代ノーマルは厚手の合皮、表面のヒビ隠しに家具用シートをかぶせる。
表面のヒビが進行し、尻触りが悪くなる。
デスクマットで合皮部分を製作、2種類のウレタンを被せる、
ステープルが刺さる所を新たに作成、シートを被せて完成。
13本のスプリングに亜鉛塗装。メインスプリングのネジ止めは、
非常にやり難いので、イライラせずに落ち着いて。
平面で曲面を作るのが厄介で、何度型紙を作り直した事か。素人にしては上出来?、
80点ぐらいの出来でやっと終了。
XLRノーマル、TL125スペシャルシート、Dio社外品、合わせて今回で5作品目。

さてさて、車検の準備もしないと。

BAJAに乗っていたときには、自作の風防を装着。
形状、角度などを試行錯誤して、ヘルメットのバイザーをギリギリかわす設計にしていました。
初代は大きいもの、2つ目は、サイズダウンするも効果が変わらない設計。とても楽で重宝しました。
初代DRの開発者の話では、確かに効果があるが、ハンドリングに大きな影響が出るとの事。
私は鈍いんで感じませんでしたが、確かにあれだけの力が加われば影響があると思います。

私の場合は、単車なりの走りで楽しい移動と言う感じです。
あばたのえくぼ?、欠点?、個性?、味?。
欲求を求めてさ迷える旅はまだまだ続く・・・。
 

吊り橋のメンテ準備

 投稿者:  投稿日:2017年 5月22日(月)21時49分4秒
返信・引用 編集済
  皆さん

今日も暑かったですね~ (^_^;)
昨日に引き続き今日もあきる野ベース乙津に来て
作業しました。 (^-^)v
先日わんこさんが入手されたサビキラーPROを
引き取ってから向かいましたが吊り橋の鉄板の上は
とても暑くてしゃがみ込んでの作業は危険です!
熱中症になってしまいそうです! (>_<)
と言う訳で錆の現状を確認して作業は止めました。
曇りの日か秋以降に涼しくなってからするのが
良いかと思いますので悪しからず。 m(__)m
 

風防

 投稿者:朝日  投稿日:2017年 5月22日(月)18時12分40秒
返信・引用
  私のシェルパの風防です
スズキのチョイノリ用ですが、シェルパの定番です
時速120kmくらいまでなら快適だし上半身も楽です
バタつくこともありません
問題は、他人に「カッコ悪~」と言われることくらいです
写真は昨日の日帰りツーリング 田子倉ダム
山形~米沢~喜多方(朝ラー)~柳津(R252)~只見~田子倉ダム~入広瀬~栃尾(R290)
安田(R49)~R290五頭温泉郷~新発田(R7)~日本海東北道~中条(R113)~米沢
これで下道500km 疲労感はありません
 

走り 編

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月22日(月)13時50分11秒
返信・引用 編集済
  バイクにリターンして6年ですが ハード偏重の私、それ程走ってはいません。
それで見えていないことが今回 分かりました。

(高速移動はひたすら忍耐)

  車でロングドライブをすることはありますが、バイクではそれ程経験がありません。
  今回みたいに 高速道路だけで行きは500km 帰りは400kmと乗って分かったのは
  KTMの空力の良さでとても助けられていたことです。
  MT-07にはスクリーンを装着しましたが 空気の流れをみるとスクリーンの高さ
  以上はまるで防風が効かず 片 首 顔が風圧を受けてひたすら耐えるだけ。
  前傾が少ないのでオフロードバイクと似たような感じ。手に力を入れて闘うだけ。
  クラウチングして風圧から逃げたりしました。ハーレーの奴凧タイプを装着したい。

  KTMの時はハイスクリーンで音は五月蠅いものの肩や首の付け根の風圧が少なかった。
  SSTRにはBMWのGSを始めKTMのアドベンチャー そして日本車でも防風が良く効く
  長距離ツアラーが目立ちました。 逆に90ccのバイクで頑張っている人は
  皆さんから注目を集めかっこうよいと思いました。

(ポジション)
  MT-07は比較的アップライトでステップが高くシートが低いので膝が曲がる。
  そうすると座骨神経痛が出てくるのです(ジジィだ)。それとお尻も
  痛くなりました。
  足の楽さは 足つき性 コーナーリングと失うモノが多いのですね。

(ワインディングに入ると)
  高速道路ではひたすら風との闘いでしたが 100Km/h出さない一般道では
  風なんて殆ど気になりません。990SM-Tの高重心ロングホイールベースでは
  味わえない コンパクトで軽い車体の走り易さが急に引き立ちます。
  α13の強いグリップが路面をつかんでいるようで、色々な走り コーナーリング
  がトライできました。コレばっかりは大型ロングツアラーにはない魅力。
  サスもしなやかになって動く様になりましたので KTMと較べなければ
  充分です。

(エンジン)
  私が理想のエンジンに感じたものですが、このイメージは変わりませんでした。
  並列2気筒の割に鼓動感が強いのが気に入っていましたが 常用する3000回転台
  の振動が強く ちょうど高速道路で巡航するくらいだと 何故だか右手だけが
  凄くしびれました。もっと飛ばすと辛くないので 回転数特有の振動だと
  思われます。
  今日も右手の親指から3本がしびれが残っていて仕事に差しつかえています。

  471号線を50km以上 夢のような時間を過ごせましたが トルクが如何様にでも
  欲しいだけ出せるところがいいです。ガバッとアクセルを開けて思いっきり
  瞬発力を味わうもよし 滑らかに低回転で緩いコーナーを味わうも良し。
  そして高速道路でもZR-7S よりかなりパワーが出ているようで シフトダウン
  しなくても脱兎のごとく走ります。

  山道はポジション的にTZRとかバリオスの方がしっくりきますが、バリオスで
  MT-07みたいな走りはできませんし 長距離は言うまでもありません。
  エンジンのパワーを引き出さないと面白くない方で、ノロノロ運転でも充分な
  ドライバビリティを求める方にはお薦めのエンジンです。
  300kmを超えてくると振動はもっと少ない方がよいのですが それは
  無い物ねだりでしょう。

(ギア比)
  前にFZ-6ファイザーをレンタルした時、または他の4気筒に乗って感じること
  トップのギア比が低く感じ 何度も上のギアを探してしまうこと。
  DR-Z400Sは5速でツーリングでトップギアが無いのが気になります。
  それに対して MT-07は6速がハイギアーでトップギアとして納得できるギア比
  それでいてトルクがあるので緩やかに60Km/h 2000回転台で走れて もう少し
  回転があがれば面白いようにトルクを瞬発的に出せる。
  クルージング向きのギア比で巡航の快感が味わえるセッティングは見事です。

(できれば合法で)
  海外のバイクツアーはどこでも制限速度が無いようなところでした。
  オーストラリアでも制限速度は100Km/hとあるようですが何せ人がいないので
  どの様にでも走れた。人に制限されるのではなく自分でペースを決められる。
  ストレスがないって素晴らしい。
  モンゴルのダートでも今回の800km走行を上回るハードな長距離ダートを
  味わえましたが とても日本では合法的に楽しめません。
  平日の誰もいない時を狙って人もいない道を探すしかないですが
  あまりにも素晴らしい快感を味わうと 人間は贅沢になってしまい
  普通では満たされなくなる。
  問題があるなぁ。

(燃費)
  今回は高速を飛ばすことが多かったので燃費は23km/L前後でした。
  タンク容量が小さいために200kmちょっと走るとガス欠が気になり給油。
  Ataru.さんの倍は給油が必要で 800kmで4回も必要になりました。
  長距離ツアラーとしては足の短さが1番のネックとなりました。

(性格を変えないと)
  私はのんびりツーリングがしたい 色々なところを巡ったり景色をみたり、
  と思うのですが 結局帰りは ガソリン&トイレ休憩と 先の動画を撮影した
  2回の休憩で帰ってきました。急ぎすぎ!
  山梨に入ると30度以上で暑くて 走っていてもあまり気持ちよくないし
  奥飛騨の涼しくて心地よい気候での走りに対して 高速道路はつまらなすぎる・・・

  ↑ご覧になって分かるとおり 私の人間の問題なのです。

2日で1200km走って 正直かなり疲れました。仕事中もだるいです。
今日も走っている Ataru.さんは なんてタフなのでしょう!

リターンする時は エストレアでのんびり走ることが出来れば幸せ
なんて思っていましたが 随分と贅沢になったものです。
ここいらで 自重しないと大きなヤケドをするかもしれない、欲求の増大を
極限まで求める私にブレーキをかけなければ と思いました。





  
 

あきる野ベース通信

 投稿者:  投稿日:2017年 5月21日(日)20時39分37秒
返信・引用 編集済
  わんこさん

無事のご帰還お疲れ様でした。
今日は各地で真夏日だったですが体調は
如何でしたでしょうか?

あきる野ベースの草花に不要な物を積み込む為
立ち寄りました。草も伸びており早速草刈りも
しましたが狭いのであっと言う間に終わりました。
その後乙津に向かいましたがやはり乙津の方が
涼しく感じられました。 (^_^;)
今日は吊り橋のメンテ準備の予定でしたが同僚が
大木を伐到する手伝いに来てくれましたのでそちらを
優先しました。(^_^;)
吊り橋の方は明日改めて手を着けたいと思います。
 

帰還しました

 投稿者:わんこ  投稿日:2017年 5月21日(日)17時30分52秒
返信・引用 編集済
  今日は一人で帰るので KawasakiさんとAtaru.さんのお二人のお薦めのルートを
教わりました。

富山からの41号線 山が深く道がキレイで それなりに混んでいましたが
景色を楽しみながら穏やかに走ってきました。

その後 「奥飛騨の周辺が綺麗ですよ」との471号線を走って 新安房トンネルを
目指しました。

雪をいただいた乗鞍岳をみながら 深い山の中 そして美しい緑の中を
空いていて存分に走らせられました。太陽は燦々と降り注ぎ 路面は
グリップが良く整備されている。
一人だけで自分のペースで存分にそしてしっぽりと緩やかに走る。
大変心地よく 近年希に見る気持ちいいワインディングでした。
別に書かせていただきたいと思います。
この41号線を味わうだけでも 今回1200kmを走った甲斐がありました。



せっかちな私は、この動画を撮影してから およそ4時間
ぶっ通しで走って自宅までノンストップで帰ってきました。
今日も420kmの走行 お腹一杯です。

目が不安で 特に暗いトンネルの中が心配でしたが、明るい時に使う光線と
違うからか、入った途端に平衡感覚と遠近感を失い 車体がフラフラと
揺れてしまうのには参りました。脳は視覚を色々と分析して見ているのと
車体の制御まで関係しているようです。

今までと同じように走ることは無理にしても裸眼で昼間は走れるので
幸せだと思うことにします。


*SSTR ラリーと言うこと*

昨年の報告を拝見して、「私も来年走りたい」の簡単な気持ちで参加させて
もらいました。ご覧の通り何から何までAtaru.さんのお世話になったのですが
体験して初めて分かったことが多かったです。

主催されている方のご苦労のことは置いておいて まず ラリーと言うこと
です。分刻みでのスケジュールを作り上げることの 大変さと意味。
食事の時間も考慮されていて 実際に 混むところを避けて早めの昼食とか
見学する場所の内容も考えられていました。
まさに分刻みのスケジュールだったのです。

ところが それは一人なら自分で調整可能ですが 私が一緒にいることで
NOGさんの指摘が大変鋭いことが後から分かりましたが、ペースを乱してしまう
ことです。 食事は短時間で済ませるので おにぎりか簡単なのが当然としても
トイレに飲み食いも変わってくる。
Ataru.さんはラリーを理解してスタンプ帳をしっかりと仕上げて行く。
各ポイント 道の駅で遠くても押しに行き、同時に距離も記載し
ポイントの画像を撮影する。 これがSSTRの基本なのです。

でも私は楽したくてスタンプ帳を開けないでSSTRのシステムだけで済ましてしまう。
その分 好きなのを食べたり 飲んだり 遅れないようにしたい。

下の能登島の写真は
わ「絶景のところで写真をとりたいのだけど」
とインカムでお願いして撮らしてもらったのです。

能登半島の美しい海岸沿いの景色を撮りたいと思いますが この後の
ルートが思い通りに走れるかは分からない。
ペースを決めて走っている人にはどうだったか。

前から準備しイベントをしっかりと遂行したい人の前で お荷物やストレスの種に
なってしまうことがありました。

それでも 暖かく対応して楽しませてくれたAtaru.さんの包容力に
感謝するしかありません。

軽い気持ちで頼るだけで走らせてもらいましたが、望外に天候に恵まれ
正に盛りだくさんのスケジュールを完璧にこなせた!
一人では逆立ちしても出来ないことが可能になりました。
そして最後は美しい夕暮れの中でフィニッシュでき、みんなの祝福を受けられた。
完走されたKawasakiさんにもお会いでこれ以上のことはありません。

心から感謝申し上げます。


 

ここで特集番組はいります

 投稿者:Go  投稿日:2017年 5月20日(土)21時35分31秒
返信・引用 編集済
   SSTR完走おめでとうございます。
 能登半島の先を経由するとは、弾丸ツアー
に目覚めてきましたかね。


 ここで石垣島の情報が入ります( ^^)

 羽田-石垣島間は、JAL国内線で最長距離の
1,970Km(ANAだと、那覇-新千歳というさらに
長距離路線ができたり廃止されたりしてます)。
 飛行時間もほぼ 3時間。 行きは最前列で
快適でした。

 石垣島の場合、料理が美味しいという声も
身近で聞きましたが、店探しに苦労します。
たぶん、石垣市の中心地(南端のごく一部)
を中心に徒歩で回れば難しくないんですが。
 沖縄本島の料理はもちろんこちらにもあり、
加えて石垣牛と八重山そばがオリジナルです。
 それらしい料理を食べたくて入った居酒屋
では、野菜や豚を揚げたメニューがあって、
島特有なのか店の創作料理なのかは良く判ら
ないものの、なにしろその店、味はともかく
値段と態度が折り合ってないのが印象的。

 石垣牛は有名ですが高く、ガイドみてると
ある店ではオージービーフ 1,600円に対して
石垣牛 4,000円以上。 初日に公設市場まで
なんとか行ってみたら、1Fと3Fは活動停止で
近くで唯一あいてた海鮮屋でなんとか昼飯を
食ったものの、よく考えたらイクラとか鮭と
か、石垣産じゃないですね。

 でも、素材はともかく、入った店はどこも
とても美味しい調理されてました。
 スーパーで買ったお握りと野菜の漬物で、
初日の夜は済ませたものの、それも美味。
 

/356