teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 2号車:北北線はくたかの記録(36)(5828@管理人)15/04/13(月)00:05
  2. 5号車:磐西の記録(設計中)(1)(5828@管理人)13/07/23(火)00:02
  3. 4号車:500系のぞみの記憶(13)(5828@管理人)10/11/25(木)22:48
  4. 3号車:489能登・舞浜臨の記憶(11)(5828@管理人)10/11/13(土)18:01
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2015年3月14日:後日談

 投稿者:5828  投稿日:2015年 5月 1日(金)23時56分42秒
返信・引用
   気が付いたら、もうゴールデンウィーク。
 あの日から時間が止まったかのよう。

 youtubeで、26号の車内アナウンスを見つけた。
 https://www.youtube.com/watch?v=fX1f4xv0KeE&feature=player_detailpage
 私の記憶はいささか思い入れ過多だったようだ。

 十日町の通過シーンも見つけた。
 https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=p4KzGNQstHw
 何度も開いて反芻している。

 ほくほく超快速
 直江津から東京へ行く場合、ほくほく+上幹 は トキ鉄+北幹に比べて、時間は若干多くかかる程度で、料金は安い。北越急行の本気度が窺えるとの記事も。
 超多客期では、上越妙高からの北幹利用は、指定席が取れないと東京まで立ちんぼが確実。子供連れや年寄りにとっては、ほくほく+上幹はとりわけ有難かろう。
 なので、全席自由席は頷けるし、車両も既存の HK100で充分だろう。
 このゴールデンウィーク、どのような答えがでるか?興味津々。
 ただ、頷けないのは、普通列車も含め、トイレがないこと。所要時間が短いからとはいうものの、1時間に1本程度の運転本数なので、都市部の電車とはわけが違う。地上設備の問題かとは思うが、何とかならないものなのか・・・。

 トキ鉄の初日トラブル
 ホームページにお詫びが 2件
 はねうまラインの一番電車が、架線の凍結で集電不良、二本木・妙高高原間を運休。
 これが雪国の電車? 地元の信頼に応えたい、なんて恥ずかしい!!
 ひすいライン。乗客数が予想を大幅に上回り、一部列車で積み残し。
 何しろ1両だから、さもありなん。今回、旅程から外しておいて正解だった。
 願わくば、混雑が毎日続くことを・・・。

2号車:北北線はくたかの記録 への積載を完了

 
 

2015年3月14日: 7/7

 投稿者:5828  投稿日:2015年 4月 2日(木)23時41分58秒
返信・引用
    3階、新幹線ホームに上がる。

 売店はなかったが、下りホームの向こう側に素晴らしい景色が。

 はくたか562号で帰宅。
 途中、長野まで、妙高市観光協会主催のちびっこ旅約30名(親含む)と一緒だった。

 

2015年3月14日: 6/7

 投稿者:5828  投稿日:2015年 4月 2日(木)23時31分41秒
返信・引用
   上越妙高駅は、想像以上に瀟洒な駅だった。

 トキ鉄のホームは、地平の島式1面 2線。
 その1線を、折返し準備中の「しらゆき」が占領していた。

 はねうまラインは全線単線。ダイヤの乱れは、ひすいラインのみならず、しな鉄、JR信越線との間にまで、相互に影響を及ぼし合う。しかも、沿線は名うての強風、豪雪地。折角の移転なのに・・・。なぜ、脇野田時代と同じ1面2線に留めたのか?疑問に思う。

 2階は、改札とコンコース。
 祝賀ムードで凄い熱気。乗換時間に余裕を見てはいたのだが、売店の行列におそれをなし、昼食を買いそびれた。


 

2015年3月14日: 5/7

 投稿者:5828  投稿日:2015年 4月 2日(木)23時12分32秒
返信・引用
   妙高高原駅

 この日から、長野へ直通する列車はなくなり、2番線のしなの鉄道北しなの線への乗換えを強いられることになった。

 この電車、長野方には別デザインのヘッドマークが。

 駅名票は、なぜかどれも、緑の山=トキ鉄仕様。
 なので、駅前の巨大雪ダルマに掲げられた看板が、いたくシックリきた。

 線路は続くよどこまでも・・・。トキ鉄もしな鉄も、由緒正しき信越本線を守り続けてほしい。



 3枚目:同行者が撮影

 

2015年3月14日: 4/7

 投稿者:5828  投稿日:2015年 4月 2日(木)22時49分40秒
返信・引用
   駅は、装いこそ祝賀モードたが、7日に来た時と同様、いたって静か。
 地元の方々も、とりあえず会社名が変わっただけ、評価はこれから、といったところなのかも。

 かつて、化学工場への引き込み線もあったこの駅は、ホームも長く、列車の折り返しにも好都合。
 新潟からの直通電車は、この日から、新塗色のE653系特急に変わった。
 また、時刻表によれば、北越急行からの乗り入れも、1日1往復ながら、ある。

 この朝、直江津駅みどりの窓口で、越後湯沢からの新幹線を買い求める客がいた。
 湯沢までの特急はなくなったとの駅員の説明に、それは知っていると。

 2014年問題の対策の一つ(社会実験?)とおぼしき北越急行のトキ鉄乗り入れ。
 多客期の北陸新幹線のバイパスとして、案外いけるかも(?)


 次の電車=4両編成で、妙高高原へ向かう。
 旧塗色、前面のJRマーク、E127や新ニイの標記・・・まっ、目をつぶっておこう。

 この駅からは上り勾配。二本木のスイッチバック、山間部の美しい景色は、とても魅力的(身贔屓あり)。

 

2015年3月14日: 3/7

 投稿者:5828  投稿日:2015年 4月 2日(木)21時54分29秒
返信・引用
   さて、はねうまライン。

 乗った電車は、上越妙高で乗客の大半が下車し、座席が程よく埋まる程度に。

 今日も、新井で途中下車。

 3枚目:同行者が撮影

 

2015年3月14日: 2/7

 投稿者:5828  投稿日:2015年 4月 2日(木)21時50分17秒
返信・引用
   直江津から、えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインに乗車。

 たまたまその電車(8.42発)で、開業記念出発式が。

 社長、国交省政務官、新潟県知事、上越市長・・・と挨拶が続く。
  第三セクターなので、首長さん達は大株主でもある。
 安全、安心、鉄道事業者として地元の信頼に応える。皆さん、こんな話だった。

 電車はJRから譲渡されたET127系、ロングシート2両編成。
 JR信越線からの接続待ちで少し遅れて、満員で発車。
 ホームでは、万歳三唱。車内からは、キャー、泉田さんだ!の黄色い声。


  一方の日本海ひすいラインは、新造ET122系気動車の単行。

 架線下の単行気動車は、嶋津社長が肥薩オレンジ鉄道で採ったのと同じ手法。
 新潟県の並行在来線のページによると、乗客密度の低さと交直流電車のコスト高から、こういう選択とせざるを得なかった。長大トンネルもあるけれど、内燃車でも安全上問題ない。とのこと。

 さびしい限り!と思っていたら、出発式の真っ最中に、糸魚川発新潟行きの快速電車が・・・。そしてそのすぐ後を追って、EF510の貨物列車がブロアー音を轟かせながら停車。

 どっこい、北陸本線は生きていた。

 

2015年3月14日: 1/7

 投稿者:5828  投稿日:2015年 4月 1日(水)23時47分16秒
返信・引用
   明けて14日。リセットされた直江津駅。

 

2015年3月13日: 4/4

 投稿者:5828  投稿日:2015年 3月31日(火)22時47分31秒
返信・引用
   行ってしまったあとに残されたもう使えなくなったモノ達。  

2015年3月13日:3/4

 投稿者:5828  投稿日:2015年 3月31日(火)22時40分46秒
返信・引用
   十日町を徐行で通過。ホームで見送る人々。手を振り返す乗客。

 昔、通り過ぎたこの町。私はその時、手を振り返して来ただろうか?


 松代でも徐行し、直江津には7分遅れで到着。

 その車内アナウンス(要旨)。

 次は、終点直江津です。アッ失礼いたしました金沢行きですと訂正。
 18年間走り続けたはくたか号も、本日がラストラン。
 冬の強風による遅延、大雪で行先が変更になることもしばしば。2度の震災。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしましたが、今日まで本当に愛し続けていただけたこと、乗務員一同、深く感謝いたしております。
 明日からは北陸新幹線に生まれ替わります。変わらぬご愛顧をお願いいたします。
 最後に、私ごとですが、・・・ん、何だ?・・・私ども直江津運輸区は本日をもちまして閉鎖となります。明日からは、それぞれ新しい職場で、はくたか号に乗務した誇りを胸に頑張ってまいります。
 それではこの後、西日本の乗務員さん、よろしくお願いいたします。

 その西日本の乗務員さんは、今日も、7日の4号と同様に、うら若き女性。
 金沢到着は、定時でも24時を過ぎる。

 ダイヤ大改正。消える列車の思い出や、車両の去就ばかりに気を取られがちだが、鉄道を動かしているのは生身の人なのだということに改めて気付かされた。

さようなら! ありがとう!

 

レンタル掲示板
/21