teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 2号車:北北線はくたかの記録(36)(5828@管理人)15/04/13(月)00:05
  2. 5号車:磐西の記録(設計中)(1)(5828@管理人)13/07/23(火)00:02
  3. 4号車:500系のぞみの記憶(13)(5828@管理人)10/11/25(木)22:48
  4. 3号車:489能登・舞浜臨の記憶(11)(5828@管理人)10/11/13(土)18:01
スレッド一覧(全4)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


山陰 2015年初秋 番外編

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時55分28秒
返信・引用
   今回も、帰路はちょっと寄り道・・・、

  1枚目:弥山の山頂から。(2015.9.22 同行者が撮影)
      宮島3度目にしてようやくここに立てた。でも、暑さとロープウェー乗り場の行列と山登りとで、疲労困憊。
  2枚目:清水寺。(2015.9.22) 夜は夜でまた別の雰囲気。昼間の疲れが吹き飛んだ。
  3枚目:高山寺にて。(2015.9.23 同行者が撮影) 高雄、槇尾、栂尾を歩けた。


 
 

山陰 2015年初秋 その7

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時43分24秒
返信・引用
    朝の車内放送の逆ルートで、山陽線厚狭から美祢線で長門市経由仙崎へ。
そこから、再び美祢線で厚狭へ戻る。

  1枚目:厚狭駅 15:12
  2枚目:仙崎駅
  3枚目:厚狭駅 18:07 500系こだまに乗車。

2015年9月21日

 

山陰 2015年初秋 その6

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時37分26秒
返信・引用
   山陰「本線」とはいえど、益田以西はローカル列車のみ。しかも、終点の下関(正確には幡生)へ行くには、途中の長門市で乗換る必要がある。

 ところが、その案内の車内放送は思いもよらないものだった。曰く、
   下関へお急ぎのお客様は、後から発車します美祢線をご利用ください。
 ホーっ、成~程。こういうことって、実際に乗ってみないとなかなか気付けない。

 この長門市は仙崎への乗換え駅でもある。
 が、乗り潰し目的の私達は、まずは「本線」の方を片付けるべく下関行に乗った。


  1枚目:長門市駅。手前のキハ40が下関行
  2枚目:途中、小串駅で。停車時間が長いので、背伸びをしにホームへ降りたら、カメラを構えたおばさんが・・・。えっ?なに?あっ! で、ホームを走った。
  3枚目:折角なので一駅足を伸ばして門司へ。関門海峡が目と鼻の先だった。(同行者が撮影)

2015年9月21日

 

山陰 2015年初秋 その5

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時24分15秒
返信・引用
    出雲市から、187スーパーおきで津和野へ。
 187は何年かぶり。前回のスーパーまつかぜの凄まじい加速、大迫力のエンジン音・振動が強烈だったせいか、今回は悠々。変化に富む風光明媚な海岸線を楽しんだ。

 津和野駅前で自転車を借り、城跡へ。

  ♪城跡から見下ろせば 蒼く細い河
   橋のたもとに 造り酒屋のレンガ煙突
     ・・・
   山の麓 煙はいて 列車が走る
   木枯しが雑木林を 転げ落ちてくる
          ・・・

2015年9月20日

 

山陰 2015年初秋 その4

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時19分17秒
返信・引用
   1枚目:電鉄出雲市駅に到着。 (同行者が撮影)
 2枚目:同駅ホームの根元付近から。同様に高架の山陰線出雲市駅ホームに、やくもが停車していた。
 3枚目:そのJRの出雲市駅  (同行者が撮影)






 

2015年9月20日

 

山陰 2015年初秋 その3

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時13分36秒
返信・引用
   出雲大社に参拝し、今度は一畑電鉄でJR出雲市駅へ戻る。

 写真は、そのバタ電の出雲大社前駅。

 3枚目:奥のオレンジのオールドタイマーは、映画RAILWAYSに登場したデハニ52で、丁度、一般公開中。車内への立ち入りもOKだったので早速運転席に座ると、手足を動かせないほどの狭さ。私には運転士は到底無理。
 手前のピンクの電車は電鉄出雲市駅への直通電車。乗換駅である川跡で、スイッチバックした。

2015年9月20日

 

山陰 2015年初秋 その2

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時06分45秒
返信・引用
   出雲市駅から路線バスで、旧国鉄大社線大社駅へ。

 「ぶらタモリ」で紹介されて以来、訪れる観光客がめっきり増えたとのこと。
 東南アジアからと思われるうら若き女性グループが、D51のキャブなどでワイワイと記念写真を撮っていた。ヒジャブ姿もちらほら・・・出雲大社にも参拝するのかな?

2015年9月20日

 

山陰 2015年初秋 その1

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 7日(金)14時01分18秒
返信・引用
   今回の目的地は、伯備線のうち備中神代以北、境線の全線、山陰線のうち宍道以西&長門市~仙崎、山口線の津和野以北、そして美祢線の全線。

 初日、岡山で381やくもに乗換え、米子へ。

  1枚目:ねずみ男駅 米子 ゼロ番線ホーム
  2枚目:鬼太郎駅  境港 駅前広場
  3枚目:鬼太郎列車 キハ40-2118 車内 (同行者が撮影)

もちろん、水木しげる記念館にも立ち寄った。

2015年9月19日

 

北海道 2015年夏 その5

 投稿者:5828  投稿日:2017年 7月 1日(土)00時48分34秒
返信・引用
   その砂原支線。海沿いを走るものと思い込んでいたが、海はほとんど見えず、林の中を進む。駒ヶ岳が綺麗に見えた。

 いかにも古いローカル駅が続くなか、流山温泉駅は単線棒状駅ながら、真新しい駅名標でそのロゴも独特。駅前には広大な空き地。特異な雰囲気を醸し出していた。
 今調べると、開業は新しく 2002年4月。JR北海道の複合リゾート開発の一環として、日帰り温泉施設「流山温泉」とともに開業。一時期、駅前に200系新幹線車両が静態保存されていたが、北海道新幹線の実現に伴い役目を終えたとして、2013年6月までに解体撤去。温泉施設そのものも2015年2月に廃業。

 大沼で本線に合流。
 渡島大野は、新幹線との接続駅に生まれ変わるべく工事中。開業後、新函館北斗に改称された。
 このときは、あんな狭いホームで大丈夫?と思ったが、今回行ってみたら・・・へエ~と納得。

2015年7月4日

 

北海道 2015年夏 その4

 投稿者:5828  投稿日:2017年 6月30日(金)22時57分6秒
返信・引用
   函館本線砂原支線に初乗りすべく、森で乗り換え。

 1枚目:苫小牧から乗ってきた183系「北斗」。
 とにかく揺れた。「スーパー北斗」もかなり揺れるが、その比ではない。
 線路状態が良くないなか、古い車両なのにスピードの出しすぎ(特に、ポイント通過速度)。

 2枚目:改札口への跨線橋から。駒ヶ岳が綺麗だった。

 3枚目:駅名標。隣駅の桂川、姫川は、今はもうない(ともに2017年3月廃駅)。東森はこれから乗る砂原支線の駅。(同行者が撮影)

2015年7月4日

 

レンタル掲示板
/22